コンテンツ

school

本校の沿革


本校の沿革

北竜町の地理的条件

(1)位  置

 本町は空知管内西北部に位置し、南北約14km・東西約28kmで面積は159.362平方kmである。
 東は雨竜側を境に秩父別町・妹背牛町と接し、南は恵岱別川を境に雨竜町、西は増毛連山を隔てて 増毛町・留萌市、北は美葉牛川を境に沼田町と接している。

(2)自然的情研

 本町の南東部には雨竜川・恵岱別川沿岸の沃野があり、北西部には美葉牛川に沿う平坦農耕地があるほかは、 増毛連山とその支脈に囲まれた丘陵地帯が大部分で、数多くの沢地帯に若干の農耕地が点在している。 全町の70%を山林が占めているが、耕地面積は水田が約2,700ヘクタール、畑が約400ヘクタールで、農業が基幹産業である。
 国道233号線及び275号線と道道深川・増毛線が主要な交通路で、和市街と碧水市街が約4km隔てて存在し、和が中心市街地となっている。
 春季には強風が吹き、平成13年6月29日には竜巻が発生した。また、冬季は積雪2メートルに達することがある。

北竜町のおいたち

 本町は雨竜町に属していたが、開基は明治26年5月17日千葉県印旛郡埜原村(現在の本埜村)から 吉植庄一郎氏(倍本合資会社社長)の率いる50戸の団体移住に始まる。翌明治27年の大谷光螢、沼田喜三郎、 渡辺八右衛門等が大地積の貸し付けを受けて、約200戸の小作者を入植させた。
 明治32年に雨竜村から分村し北竜村となり、大正3年に現在の沼田町を分離した。昭和6年に札沼北線が開通し 昭和10年に全線開通したが、これとともに産業も次第に開け、昭和36年9月1日に町制施行となった。札沼線は、 その後、時代の流れにより撤去(昭和18年)、全線復元開通(昭和31年)したものの、昭和47年の北線の廃線により本町から鉄道がなくなった。

本校沿革の概要

昭和22年~昭和63年
昭和22年 4月 1日 雨竜郡北竜村立和中学校設立認可
昭和22年 4月 1日 雨竜郡北竜村立碧水中学校設立認可
昭和23年 9月 1日 和中学校附設美葉牛分校設立認可
昭和24年 9月21日 北竜村立中学校建築着工
昭和25年 6月19日 和中学校並びに碧水中学校を発展的に廃校(分校も)
昭和25年 6月20日 北竜村立北竜中学校設立認可、開校式・入学式、校訓・校章・校旗の制定
8月20日 北竜中学校「父母と教師の会」結成
10月21日 校舎新築落成祝賀会挙行
12月10日 寄宿舎開設、沼田高等学校北竜分校開設
昭和26年 7月23日 グランド設営
昭和27年10月 3日 野球固定ネット完成
昭和28年 5月20日 小豆沢学校植林地に落葉植栽
昭和29年 9月15日 生徒寄宿舎新築落成
昭和30年10月31日 石炭庫新築
昭和31年 3月26日 玄関前オンコ移植
11月 8日 北竜中学校創立10周年記念式挙行・前庭整備
昭和32年10月 8日 飲料水用水道完成
昭和33年11月29日 北竜高等学校が校舎建設にともない移転
昭和34年 5月20日 学校林植樹
11月 6日 屋内体育館ステージ落成
昭和38年11月10日 寄宿舎新築
昭和39年12月25日 技術科教室新築
昭和42年11月 2日 北竜中学校創立20周年記念式並びに祝賀会挙行
昭和43年10月26日 “優良子ども銀行”として全道表彰
昭和45年 9月30日 台風被災(集合煙筒4本立替)8月16日台風による
昭和46年 4月 1日 北竜町立竜西中学校を北竜町立北竜中学校に統合
 7月20日 バレーボール・コート改造工事
昭和47年 3月 7日 「子ども貯蓄協同組合」が全道表彰を受ける
8月11日 全道野球大会出場
昭和48年 7月28日 全道中体連剣道大会出場
昭和49年12月20日 新校舎建築第1期工事完了
昭和50年11月28日 新校舎落成・開校30周年記念式典挙行
昭和51年 8月10日 自転車置き場・小屋(鉄骨製)設置
昭和52年 3月31日 格技場(173平方メートル)完成
6月24日 開校30周年記念行事実施
10月15日 前庭造成事業完成
昭和57年 4月 1日 北竜町立美葉牛中学校を北竜町立北竜中学校に統合
6月 5日 グランド暗渠設置(第1期工事)
7月     ソフトボール用バックネット新設
昭和58年 6月 4日 グランド暗渠設置(第2期工事)
昭和59年11月 7日 空知教育局指定研究大会
昭和60年 7月     全道中体連卓球大会出場(個人)
11月14日 公開研究大会開催
昭和61年 7月     全道中体連剣道大会出場(個人)
昭和62年 7月     全道中体連卓球大会出場(個人)
11月22日 開校40周年記念式典・祝賀会
昭和63年11月 2日 空知管内教育実践表彰受賞
平成元年~
平成元年 7月     全道中体連卓球大会出場(個人)
平成 2年 8月 3日 全道中体連卓球大会出場 男子団体3位
平成 3年 1月    全道中体連スキー出場
5月     「世界のひまわり」栽培活動開始
8月 4日 全道中体連卓球大会出場 男子・女子団体3位、男子個人2位
8月     全国中体連卓球大会出場(男子個人)
平成 4年 1月     全道中体連スキー出場
8月 5日 全道中体連卓球大会出場 男子個人3、5位
8月21日 全国中体連卓球大会出場(男子個人)
平成 5年 1月16日 全道中体連スキー出場
2月 7日 北北海道学生書道展学校奨励賞受賞
7月 7日 校舎大規模改修工事
8月 3日 全道中体連卓球大会出場(団体男女・個人)
8月18日 コンピュータ導入20台、コンピュータ教室完成
平成 6年 1月 7日 全道中体連スキー出場
7月15日 体育館大規模改修工事
7月26日 全道中体連陸上出場
8月 2日 全道中体連卓球大会出場(男女団体)
9月15日 北海道吹奏楽コンクール出場
平成 7年 1月 7日 全道中体連スキー出場
7月26日 全道中体連陸上出場
8月 4日 全道中体連卓球大会出場(男女団体)
8月21日 グランド暗渠工事開始
9月16日 北海道吹奏楽コンクール出場(金賞)
平成 8年 1月17日 全道中体連スキー出場
8月 2日 全道中体連卓球大会出場(男女団体)
平成 9年 1月16日 全道中体連スキー出場
7月 26日 全道中体連陸上出場
8月 1日 全道中体連卓球大会出場 (男子団体、男女個人)
9月21日 北海道吹奏楽コンクール出場
11月19日 開校50周年記念式典・祝賀会
平成10年 1月17日 全道中体連スキー出場
7月21日 インターネットホームページ開設
平成11年 9月30日 生徒用コンピュータ28台設置、職員室にLANシステム設置
平成12年 1月14日 全道中体連スキー出場
8月 4日 全道中体連卓球大会出場(女子個人)
12月22日 愛鳥週間ポスター原画コンクール環境庁長官賞受賞
平成13年 1月18日 全道中体連スキー出場
 6月29日 竜巻災害により前庭倒木、部室・物置の倒壊
7月25日 全道中体連陸上出場
11月25日 全道中学校英語暗唱大会出場
平成14年 3月 5日 「税をテーマとしたポスター」北海道教育委員会教育長賞入選
7月26日 全道中体連陸上出場
8月 2日 全道中体連卓球大会出場(男女個人)
平成15年 1月17日 全道中体連スキー出場
平成16年 1月16日 全道中体連スキー出場
8月 5日 全道中体連卓球大会出場(女子個人)
平成17年 1月15日 全道中体連スキー出場
7月19日 観光センターでの職業体験学習開始
9月25日 第2回北海道中学生軟式野球大会準優勝
12月 1日 学習研究社「教育ジャーナル」に「世界のひまわり栽培」が紹介される
平成18年 2月 4日 全道中体連スキー出場
7月25日 全道中体連陸上出場
平成19年 1月13日 全道中体連スキー出場
2月23日 空知管内教育実践表彰受賞
5月28日 コンピュータ室整備(新規設置コンピュータ26台、椅子26脚)
11月16日 開校60周年吹奏楽&札響クインテット演奏会
12月20日 開校60周年記念誌発行
平成20年 1月13日 全道中体連スキー出場
平成21年 1月14日 全道中体連スキー出場
9月25日 環境ホスピタリティ実践者として知事表彰
平成22年 1月14日 全道中体連スキー出場
6月17日 耐震改修工事
7月25日 全道中体連陸上出場
平成23年12月 8日 子ども議会に参加
平成24年 1月14日 全道中体連スキー出場
4月25日 修学旅行が東北から東京・横浜・鎌倉へ変更
9月13日 体育館床改修
平成25年 2月19日 国土交通省北海道開発局「わが村は美しく-北海道」運動・奨励賞
平成26年 5月 3日 第34回北海道中学生バレーボール選抜優勝大会 第3位(秩父別中合同)
8月 6日 STVどさんこワイドに出演(3年ひまわりガイド)
10月27日 公開研究会開催
平成27年 4月16日 生徒用コンピュータ入替(16台)
11月12日 道徳講話(旭山動物園長)
11月17日 地域連携研修公開研究会開催
平成28年 6月15日 薬物乱用防止教室